会社員の精神障害での受給は年々増えてきている

支えとなる存在

医者

年金の加入状況と症状の度合い

身体的な障害と同じように精神的な障害に於いても、症状によって申請をすれば障害年金を受給する事が可能となります。患者数が100万人を超え、一度発症してしまうと完治が難しいとされる、うつも申請が可能であり症状と向き合い生活を営む上での拠り所となるのが、障害年金です。うつ病と診断され障害年金を受給する為に必要な要件となるポイントは幾つかあり、それをクリアしなければ認定はされません。まず大前提となるのは初診日前日の段階で、初診日該当月の二ヶ月前月まで国民年金ないしは厚生年金の加入及び2/3以上の期間、保険料が納付または免除が条件となります。そしてもう一つはうつの障害の症状が、日本年金機構の定める障害年金受給の基準に該当している事が条件となります。また、うつの症状の度合いによって、障害年金には1級から3級まで等級があり受給額も変わってきますが、3級は厚生年金加入者のみ受給資格がある等級となります。等級ごとの認定の基準を簡単に説明すると、1級の場合には常に第三者の援助がなければ日常生活がおくれないレベルが該当します。2級の場合は日常の生活を営む上で支障があるレベルが該当となり、3級の場合には仕事をするのに支障が出ているレベルが該当となります。
うつ病が発症した場合、年金の加入状況や症状の度合いなどの要件をクリアし日本年金機構から認定されれば、障害年金を受給をする事が可能となります。うつ病は甘えと言う捉えられ方をされがちですが、生活や仕事に支障が出てしまう事は多く障害年金を受給する事で、金銭的にも精神的にも支えとなり得ます。国民年金加入者の縛愛には、障害基礎年金の受給資格があり年額で日常に支障が出るレベルの2級で約78万円が支給されます。金額的には多くはありませんが、最低限度の生活を営む上での足しにする事は十分に可能となります。厚生年金加入者の場合には障害基礎年金プラス、給与から割り出した標準報酬額に応じた金額が障害厚生年金として受給可能となります。この場合には、障害基礎年金と比べ金額的に余裕がありますので、仕事を休職しじっくりと治療に専念し、症状の改善に合わせて復職や次の仕事探しをする事も可能となります。うつ病の発症によって受給資格を得た障害年金は、うつの症状によって仕事や日常の生活に生じたビハインドと向き合う為の材料として、有効に活用出来る制度と言う事になります。そして症状の回復をアシストする為の杖のような存在として利用していける制度ともなります。

Copyright© 2019 会社員の精神障害での受給は年々増えてきている All Rights Reserved.